<< 英語で誰と話すのか | main | 世界にはいろいろな英語があります >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
昔の人はすごかったって話
JUGEMテーマ:英会話

英語を話せないのは、気持ちの問題ということもあります。

「正しい英語を話さなくてはいけない」「間違えたら恥ずかしい」なんて気持ちがあると英語が口から出てきませんよね。

これは英語に対するコンプレックスであり、実はその人のプライドでもあるんです。
「間違えてもかまわない」「片言でも通じる英語を話す」と、体当たりでも英語が一言でも通じたら嬉しいし楽しい気持ちになれますよ。
 
今日は、日本で英語教育が始まった時の話題です。

日本で英語教育が始まったのは明治初期だそうです。ジョン万次郎が、日本初の英語の教科書を書いたというのは聞いたことがある人もいるでしょう。

その時代、日本人で英語を教えられる先生があまりに少なかったために、英語の授業はネイティブの先生が英語で行っていたそうです。
 
辞書や文法書もほとんどないのに、学生たちは英語の授業を英語で学んでいたことには驚きます。

このころの学生は、文明開化の中で外国文化を取り入れるためのコミュニケーションツールとして英語の必要性を強く感じ、学ぶ意欲もとても強かったのです。

ですから、日本語を介しない英語だけの授業でも、りっぱな英語力がついていったのでしょう。

今の時代、見習うべきものがありますね。



カテゴリ:日記・独り言 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:13 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/9
トラックバック