<< ヒアリングマラソン・ジュニア シリウスの学習の流れ | main | 楽しい英語活動 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
シリウスのテストについて
JUGEMテーマ:児童英語
 
ヒアリングマラソン・ジュニアシリウスには、テストがついています。 この通信講座は、視覚と聴覚から「英語が分かる力」を育てる構成になっているのでテストは必要ではないのではと感じる方もいるかと思います。

 制作元のアルクさんに、シリウスのテストについて質問し、回答をいただきましたのでブログに掲載させていただきます。



 

シリウスでは、見て聞いて内容がわかる、ということを学習のモットーにしていますので、読み書きの力をアップさせるような特別な学習内容は設けませんでした。

 

そのため、記述式のテストにはしませんでした。

 

テストを設けたのは、小学校4年生以上の子どもたちにとって、学習の内容を確認するものが何かしら必要だと考えたからです。

 

また、最後に修了証を発行することで、「最後までやり終えた」という達成感をあたえたいと考えました。達成感は次へのモチベーションにつながると思っています。

 

テストの内容は、英文を聞いて、それまで見てきたDVDの内容にあっているか答える、というものがメインになります(True or Flaseの形式です)。

 

そのほか、今の自分の気持ちや状態について、Yes/Noでこたえる全員正解の問題もあります。きちんと英語を聞きとらないと、答えられませんが、お仕着せの答えではなく、自分の気持ちを表現する機会として役立ててほしいと考え、問題構成に取り入れています。

 

これらのテスト形式として、マークシートの形式がふさわしいと考え、マークシート形式としました。(従来の弊社の大人向けのマークシートより、枠を少し広げるなどしています)

 

また、児童英検はリスニングが中心ですので、形式としては意識しました。

(児童英検については、毎月Quizというコーナーでたっぷり問題に挑戦できるようにしています)

 

 

さらに私が付け加えさせてもらえば、通信講座は1年間という期間の中で、何か区切りが無いとモチベーションを維持できず、やらないままになってしまうことがよくあります。

 

小学生の子供ならなおさらです。

 

モチベーションの維持だけでなく、4ヶ月ごとに分かった、分かるようになったということを実感するためにもテストは役立つのではないでしょうか。


 



ヒアリングマラソン・ジュニア シリウス






カテゴリ:ヒアリングマラソン・ジュニア シリウス | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 20:40 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/6
トラックバック