<< 街の中のカタカナ英語 | main | DVD教材 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
野球の中のカタカナ英語は?
JUGEMテーマ:児童英語

みんなが知っているスポーツの中にも、カタカナ英語がいっぱいあります。

ちょっと野球を見てみましょう。
野球はもともとアメリカから日本に伝わったもの。ですから、カタカナ英語があふれています。

ピッチャー、バッター、キャッチャーは、もちろん英語。

ピッチャーのピッチというのは投げるという意味、だからボールを投げる選手のことをピッチャーと言います。

バッターは、バットを持ってボールを打つ人。キャッチャーのキャッチというのは取るという意味です。ピッチャーの投げたボールを取るのでキャッチャーというわけ。

ファースト、セカンド、サードは、1番目、2番目、3番目、ショートは、短いって言う意味なんだよ。

外野の守備を見てみると、ライト、センター、レフト。

ライトは右という意味で、バッターから見て右側を守っています。センターは真ん中、レフトは左。

知っておくと便利な知識ですね。


シリウス詳細・購入はこちら⇒


カテゴリ:カタカナ英語を楽しむ | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 12:37 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/25
トラックバック