<< 街の中のカタカナ英語 | main | 野球の中のカタカナ英語は? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
街の中のカタカナ英語
JUGEMテーマ:児童英語

街の中にも、カタカナ英語があふれています。

みんながよく行くコンビニは、英語のコンビニエンス ストアを短くしたもの。

コンビニエンスとは、便利なという意味で、ストアはお店だから、便利なお店という意味なんですね。
デパートは、デパートメントストアを、スーパーは、スーパーマーケットを短くして使っているんですね。

また、アパートは、英語のアパートメントハウス。マンションというのは実は豪邸のことだったりします。

さて乗り物は。

バスは英語でもバス。みんなが乗るのは、マウンテンバイク?マウンテンは山のことで、バイクは自転車の意味。

タクシーやトラックもバスと同じように、英語がそのまま日本語になっています。

スポーツジムのジムというのは体育館、レストランやベーカリーもよく知っているカタカナ英語ですね。

でも、ちょっと気をつけたいものもあります。ガソリンスタンドは、カタカナ英語みたいですが、これは英語ではありません。ガソリンスタンドは、英語でガスステイションって言うんですよ。


シリウス詳細・購入はこちら⇒


カテゴリ:カタカナ英語を楽しむ | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 11:32 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/24
トラックバック