<< 英語と国際コミュニケーション | main | 英語の「プレ・リーディング スキル」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
映像教材選びの注意点
JUGEMテーマ:児童英語


子供の英語教材と言うと、アニメや着ぐるみなどのキャラクターを使ったものがたくさんありますが、ちょっと注意してほしいことがあります。
アニメだけ、着ぐるみだけの映像のものは避けてほしいのです。

映像の中に実写、つまり実際に人が話している映像が入った教材を選んでほしいのです。

理由は、アニメだけ、着ぐるみだけだと英語を話すときの口元が見えないだけでなく、声優がそのキャラクターを演じるために不自然な発声で英語を話す場合があるから。

不自然な英語の音ばかりが子供の耳に残ると、英語を聞きとる力がそがれてしまう場合もあります。

これでは、せっかく英語教材を使っても逆効果になってしまいますね。

ヒアリングマラソン・ジュニア シリウスには、実写の部分がありますからこんな心配はありません。


シリウス詳細・購入はこちら⇒


カテゴリ:教材選び | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:32 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/14
トラックバック