<< 小学校の英語の基本(私見) | main | 映像教材選びの注意点 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
英語と国際コミュニケーション
JUGEMテーマ:児童英語


小学英語で、海外の人たちとコミュニケーションをするための基礎ができます。

英語だけが外国語ではありません。

他の言葉を選んでもいいのではという意見も出るかもしれません。



しかし、どの言葉を選ぶのかと考えた場合、「英語」が一番現実的な選択肢で、他の国の人たちと交流し、相手を理解し、自分を表現していくときの最初の窓口になるのです。

記事タイトルになる国際コミュニケーションとは、英語はネイティブと呼ばれる人たちだけとのコミュニケーション手段ではないということです。

例えば、英語を母国語としない日本人とインドネシアの人が、あるいは中国人とドイツ人が、英語という共通のツールを使って意思を伝えあえるということです。

英語を母国語とするしないにかかわらず、世界で多くの人たちが英語をコミュニケーションの道具として使っています。

小学校の英語では、そのための土台を作っていくのです。


シリウス詳細・購入はこちら⇒
カテゴリ:小学校の英語 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 22:39 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/13
トラックバック