<< 昔の人はすごかったって話 | main | 小学校の英語の基本(私見) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
世界にはいろいろな英語があります
JUGEMテーマ:英会話


いろいろな国の人たちが英語を話しています。

つまり、英語にもいろいろな英語があるんですね。いろいろなタイプの英語を聞くと、耳は多くの音を聞き分けられるようなっていきます。

逆を言えば、限定されたタイプの英語しか聞いたことが無い人は、別のタイプの英語を聞きとることが難しいのだそうです。

例えば、ともに英語を母国語としているアメリカ人とイギリス人の場合です。

イギリス英語を聞いたことがあまりないアメリカ人がイギリス旅行に出かけたとしましょう。

同じ英語圏の国なので、アメリカ人は自分の英語を相手が理解して当然のように思っています。

しかし、相手の言っていることがさっぱり分からないだけでなく、自分の英語も相手に理解してもらえないというようなことが起こります。

そして、お互いに「外国人は英語の発音が悪い」と自分の英語が正しい、自分の英語が通じないのは相手のせいと感じているわけです。

英語は国際語。

いろいろな種類の英語に対して、理解しようとする心と耳を持ちたいですね。

ヒアリングマラソン・ジュニア シリウスのビデオレターは、いろいろな英語圏の国の暮らしや情報が入っています。


シリウス詳細・購入はこちら⇒
カテゴリ:日記・独り言 | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 18:24 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kodomoei5.jugem.jp/trackback/11
トラックバック